トップページへ

JCGG事務局
(独)理化学研究所 
グローバル研究クラスタ
システム糖鎖生物学研究グループ

〒351-0198
埼玉県和光市広沢 2-1
(TEL: 048-467-9613,
FAX: 048-462-4692)

JCGGシンポジウム

第1回 糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム
プログラム
9:25-9:30 開会の辞 谷口直之(オーガナイザー)
9:30-9:40 来賓挨拶 井村裕夫 (総合科学技術会議議員)
座長:鈴木明身(理研フロンティアグループディレクター)
9:50-10:10 基調講演
 永井克孝(三菱化学生命科学研究所所長)
−糖鎖コンソーシアム:糖鎖科学発展のために
10:10-10:30 医薬品機構研究プロジェクト
 入村達郎 (東京大学大学院薬学研究科)
−遺伝子改変レクチンライブラリーによる診断と治療
10:30-10:50 次世代ポストゲノム
 五十嵐靖之(北海道大学大学院薬学研究科)
−北海道における次世代ポストゲノム研究の方向性と展開
10:50-11:10 理研フロンティア
 鈴木明身 (理化学研究所フロンティアシステム)
−糖鎖生物学のための質量分析とDNAマイクロアレイ
11:10:-11:25  コーヒーブレーク
座長:古川鋼一 (文部科学省特定領域研究代表)
11:25-11:35 文科省特定研究班紹介 古川鋼一
「糖鎖によるタンパク質と分子複合体の機能調節」
11:35-11:50 古川鋼一(名古屋大学大学院医科学系研究科)
−糖鎖異常による疾患の分子機構
11:50-12:05 川嵜敏祐(京都大学大学院薬学研究科)
−糖鎖によるタンパク質の機能調節
12:05-12:20 木全弘治(愛知医科大学分子医科学研究所)
−糖鎖による分子複合体の機能調節
12:20-13:30 昼 食
座長:谷口直之 (CREST研究統括)
13:30-13:40 戦略創造プログラム班紹介 谷口直之
「糖鎖の生物機能の解明と利用技術」
13:40-13:55 神奈木玲児(愛知県がんセンター分子病態学部)
−糖鎖を介した細胞識別の機構
13:55-14:10 鈴木康夫(静岡県立大学薬学部)
−ウイルス感染における糖鎖機能の解明と創薬への応用
14:10-14:25 西原祥子(創価大学工学部)
−ショウジョウバエによる機能グライコミクス
14:25-14:40 伊藤幸成(理化学研究所細胞制御化学研究室)
−糖タンパク質品質管理機構の解明をめざす合成化学
14:40-14:55 小山信人(タカラバイオ(株)細胞・遺伝子治療センター) 
−糖転移酵素によるウイルス遺伝子の発現抑制
14:55-15:10 木曽 眞(岐阜大学農学部) 
−化学生物学を志向する糖鎖の合成研究
15:10-15:30 コーヒーブレーク
座長:成松 久 (NEDO・糖鎖エンジニアリングプロジェクトリーダー)
15:30-15:40 NEDO関連プロジェクト紹介 成松 久
「糖鎖エンジニアリング技術開発に向けて」
15:40-15:55 成松 久(産総研糖鎖工学センター)
−バイオインフォーマティクスの力を利用した
 糖鎖遺伝子の網羅的探索
15:55-16:10 地神芳文(産総研糖鎖工学センター)
−糖鎖合成のためのヒト糖転移酵素の網羅的発現をめざして
16:10-16:25 西村紳一郎(北海道大学大学院理学研究科)
−効率的な複合糖質分子設計法の開発と医科学領域への応用
16:25-16:40 平林 淳(産総研糖鎖工学センター)
−レクチンによる糖鎖プロファイリング
16:40-16:50 高橋勝利(産総研糖鎖工学センター)
−糖鎖構造解析に向けた質量分析計の機器開発
16:50-17:00 亀山昭彦(産総研糖鎖工学センター)
−質量分析装置を用いた糖鎖構造解析
17:00-17:10 蟹江 治(三菱化学生命科学研究所)
−新たな糖鎖構造解析技術開発に向けての方法論の開発
17:10-17:20 まとめ
鈴木明身(オーガナイザー)
17:20-17:25 来賓挨拶
箱守仙一郎(ワシントン大学、パシフィックノースウェスト研究所)
17:25-17:30 あいさつ 橋本弘信(日本糖質学会会長)
17:40 - 19:30 懇 親 会
  開催一覧 ▲ 第2回シンポジウム ►