トップページへ

JCGG事務局
(独)理化学研究所 
グローバル研究クラスタ
システム糖鎖生物学研究グループ

〒351-0198
埼玉県和光市広沢 2-1
(TEL: 048-467-9613,
FAX: 048-462-4692)

JCGGシンポジウム

第10回 糖鎖科学コンソーシアムシンポジウム
印刷用PDFはこちらpdf
プログラム 11月29日(木)
17:00-17:05 開会の辞 伊藤幸成(世話人代表)
17:05-17:15 会長挨拶 川嵜敏祐(JCGG会長)
特 別 講 演
17:15-18:00 半田 宏(東京工業大学)
    ケミカルによる生命の謎への挑戦
18:00-18:10 休 憩
18:10-18:55 吉田賢右(京都産業大学)
    ATP合成酵素の機構と制御
プログラム 11月30日(金)
セッション1 糖鎖の機能と運命
9:30-9:55 伊藤幸成(理化学研究所)
    合成化学を基盤とする複合的糖鎖研究と
  ERATOプロジェクトにおける新展開
9:55-10:20 瀬古 玲(科学技術振興機構)
    ライブラリー合成に基づく糖鎖の小胞体内機能解析
10:20-10:45 和泉雅之(大阪大学)
    化学合成した変性糖タンパク質を利用するフォールディングセンサー
  UGGTの認識機構の解明
10:45-10:55 休 憩
10:55-11:20 蟹江 治(東海大学)
    有機化学と分析化学で糖鎖修飾の謎に挑む
11:20-11:45 鈴木 匡(理化学研究所)
    糖鎖の一生を探る
11:45-12:00 休 憩
12:00-12:45 ランチョンセミナー
Erexim法を用いた抗体医薬糖鎖構造の高速定量評価
  植田幸嗣(理化学研究所)
12:45-13:10 休 憩
セッション2 反応を極めて糖鎖をしらべる
13:10-13:35 山田英俊(関西学院大学)
    3,6-O-(o-キシリレン)架橋によりアキシアル・リッチな立体配座とした
  フッ化糖を用いるβ-グリコシル化反応
13:35-14:00 野上敏材(京都大学)
    有機化学的視点による糖鎖合成における二つの挑戦(仮題)
14:00-14:25 田中浩士(東京工業大学)
    βグルカンオリゴ糖の合成とその機能評価
14:25-14:50 安藤弘宗(岐阜大学)
    ガングリオシドの化学合成で細胞膜メゾ領域科学に迫る
14:50-15:10 休 憩
セッション3 糖鎖のかたちとはたらき
15:10-15:35 杉田有治(理化学研究所)
    糖鎖の構造多形と分子認識機構
15:35-16:00 奥野恭史(京都大学)
    システムズケミカルバイオロジー:
  バイオ情報とケミカル情報の統合によるデータマイニング
16:00-16:25 伏信進矢(東京大学)
    ルイスa抗原とルイスx抗原を特異的に認識する
  1,3-1,4-α-L-フコシダーゼの立体構造
16:25-16:50 井原義人(和歌山県立医科大学)
    C-マンノシル化糖修飾による細胞増殖の調節
16:50-17:15 遠藤玉夫(東京都健康長寿医療センター)
    老化と糖鎖
17:15-17:25 開会の辞
  シンポジウム概要ページへ戻る ▲